2018年7月26日木曜日

インターネット環境

この前、同僚社労士と話をしていたら、自分の実家はインターネットが通じないことになっていた。以前話した時に、少し誇張して言ったのかも知れないが、この際正確にしておきたい。



実家でのインターネットをめぐる問題は、永年の懸案事項である。最近再確認したわけではないのだが、実家の近くに住んでいる弟のネット環境はまだ「ADSL」らしい。



弟の話によれば、数年ぐらい前に光ファイバーやケーブルテレビを実家付近の地域にひくという話があったらしいが、当時の地域の役員の方が断ったという。



理由は、TVがあるので十分だという。現在、弟も地域の役員をしているようなので、ネット環境の改善もすすむとの話だが、何年後になるかは今のところ不明という。



実家は、弟の家よりさらにネット環境の悪いところにあり、以前ノートパソコンを持って帰ってモバイルルーターにつないだ時の話をした記憶があり、その時の話だったと思う。



そこで、実家のネット環境を正確に記すと次のようになる。
1、iPhoneでの電話は実家でも通じる(笑)。iPhoneやiPadでのGmailについてもやり取りできる。ただし、アンテナは、1本から2本。
2、iPhoneやiPadでのHP等のブラウジングについても可能。ただし、アンテナは、1本から2本立つが、写真等がある場合は遅くなる。
3、iPhoneやiPadでの動画視聴については、可能ではあるが、よく止まる。ただし、アンテナは、1本から2本。
4、ノートパソコンでのGmailについてもやり取りできる。ただし、モバイルルーターを通じてである。アンテナは、時々2本になるときもあるが、1本が多い。
5、ノートパソコンでの動画視聴についてはこれもモバイルルーターであるが、電波の調子が良い時は視聴できるが、悪い時はつながらない。



つまり、メールについては、そんなにストレスなしで使えるが、動画については、「イラっとする」場面が多い。HP等についてはその中間ぐらいの感覚である。



あと2年ぐらいで実家での業務開始を指向しているのだが、今のままではとても業務には耐えられない。ネット環境がそろうかどうかは重大な問題なのである。


もう少し、時間もあるのでいろいろ研究してみることに。。。




0 件のコメント:

コメントを投稿